医師として成長する環境へ

医療技術の発展 最先端で活躍する医師たち

Home

先進医療の現場で働く

先進医療とは日本の医療制度の用語で大学病院などで実地される先端医療のうち厚生労働省の承認を受けたもののことをいいます。通常の医療よりも進んだ医療、最先端技術を使った医療という意味でも使われることがあります。

先進医療は通常の保険診療との併用ができます。先進医療の治療にかかる費用は保険適応外なので患者が全額支払う必要があります。通常の保険診療を受けた分は患者は一部負担を支払うことになります。特別料金部分は高額療養費の支給の対象にはなりません。

先進医療は健康保険が適応されないので治療費の自己負担が大きくなります。そのため医療保険やガン保険などに保険会社から先進医療に関する保証が付加されることが増えてきました。

先進医療は将来的には、健康保険が適応される可能性もあります。先進医療を実施する医療機関は医療技術ごとに定められています。また保険給付の対象にするべきかどうかの評価をするため、医療機関へ定期的な報告を求めています。

このような先進医療は今まででは救うことができなかった患者などを助けることができる可能性がひめられていたりと、医師としても大変働きがいがある現場となっています。医師不足の現状から、どこの科目で働くとしても医師の職務は大変であることから、どうせなら働きがいがある先進医療の現場で働きたいと転職する方も多くなっております。