医師として成長する環境へ

医療技術の発展 最先端で活躍する医師たち

Home > カテーテル

カテーテル

カテーテルとは心臓の病気を治療する際に利用する2ミリメートルほどの細い管のことです。この細い管を利用して検査をしたり治療をしたりします。
例えば狭心症などの場合、治療の方法を決めるために事前に検査をしますが、その際にこの細い管の中をカメラを通し心臓の中を映し出します。その映像をみて手術のやり方を決めるのが一般的です。
狭心症とは心臓を囲む冠動脈という血管が狭くなる病気ですが、その血管を広くする方法としてバイパス手術とカテーテル治療があります。

どちらを選択するかは医師の判断によります。バイパス手術はほかの部位の血管を使う方法ですが、どちらが最適かはそのときの症状で決まります。
カテーテル治療法の一番のメリットは肩や足の付け根に小さな穴を開けるだけですので患者さんの肉体的負担が少ないことです。

このことは患者さんの入院日数も少なくて済むことですので費用的にもメリットがあります。
ただし、特殊な手術方法ですので医師の技量に左右される側面もあります。
細い管の中を風船の形をしたものを通して血管の細くなっている箇所に置くのが手術ですから熟練した技術が求められます。
このように特殊な治療法ですので先端医療のひとつに数えられていますが、このような手術法のすべてが先端医療というわけではありません。