医師として成長する環境へ

医療技術の発展 最先端で活躍する医師たち

Home > 学会の研究発表会

学会の研究発表会

医師は時々、学会の研究発表会に行きます 勤務している医師も開業している医師も、新しい知識や技術を学ぶために、学会などの研究発表会に出かけます。

多くの方が見たことがあると思いますが、表に本日休診の張り紙をしてあるのは、そのような学会の発表会に出かけているときが多いのです。この休診の時に色々な新しい知識や技術を勉強してきて、我々患者の治療に使うのです。だからこのような休診の多い医師は、考えようですが、それだけ向上心があり技術や知識も上がる人だと思えばよいと思います。

また大きな病院などは、その病院の中でお互いの治療経験や技術経験を伝え合って、知識知識の向上を図っています。大きな病院はこれを、院内診察や、外来診察の行っていない時に実施しています。また大きな病院は何人も医師がいますので、自分の患者の治療に行きずまった時には、経験豊富な先輩医師とか同僚医師に聞いて、自分の知識や技術の向上を計る場合もあります。

医師はこのようにして最新の技術などを学んでいます。