医師として成長する環境へ

医療技術の発展 最先端で活躍する医師たち

Home > ガン治療の先進医療

ガン治療の先進医療

ガンのための先進医療である重粒子線治療

これまでガンのための治療は、外科的な治療や抗がん剤の処方、放射線治療といった方法しかありませんでした。しかし、近年の先進医療によって、選択肢が広がってきています。ガンの治療では、放射線治療が一般的ですが、先進医療では重粒子線治療という方法が可能となっています。

重粒子線治療では、コンピュータプログラムで患部だけを狙って重粒子線を照射することができるようになっています。重粒子線を使うことで、従来の放射線では効果がなかったガンにも効果の可能性が出てきます。しかし、現在、重粒子線治療は保険の適用外であるために、治療費が非常に高額となっている現状があります。

そこで、医療保険の中では、先進医療特約をつけるところが増えてきました。先進医療特約がついている医療保険であれば、もし、重粒子線治療が必要になっても、300万円といった金額まで、保障してもらえるようになっています。今後は、ガンにかかる人も増えていく傾向となっているので、先進医療をカバーした医療保険に加入していると安心かと思います。