医師として成長する環境へ

医療技術の発展 最先端で活躍する医師たち

Home > 外科の最新医療

外科の最新医療

外科手術のための最新医療用のロボット

近年、日本でも外科手術の際に、遠隔操作のロボットを用いた最新医療が行われるようになってきています。遠隔操作のロボット手術では、医師は手術する場所とは別のところにいて、3Dになっているモニター画面を通して、ロボットアームの操作をしていきます。

最新医療用のロボットを使うと、手術の際の手ブレ補正機能があるので、血管を縫ったりするような細かい作業が簡単にできるようになります。最新のロボットを導入することで、外科の医師の負担を軽減できる効果が期待されています。手術を受ける患者側にとっても、最新医療用のロボット手術ならば、腹部などに6本のアームを通す管をあけるだけですむので、体への負担が少なくなります。

そのため、手術から退院するまでの期間が短縮されるメリットがあります。まだ、日本の病院では、遠隔操作のロボットを導入している病院は少ないのが現状です。しかし、今後は徐々に導入する病院が増えていきそうです。遠隔操作ロボットによって、将来は別の病院にいる医師が手術を担当することも夢ではなくなってきています。