医師として成長する環境へ

医療技術の発展 最先端で活躍する医師たち

Home > iPS細胞

iPS細胞

について iPS細胞とは人工多能性幹細胞の略称で、ノーベル賞を受賞した山中教授が、命名したものです。iだけ小文字なのは、iPodのように普及して欲しいという意味でつけられました。

iPS細胞を使ってできることは、自分の体細胞から臓器を作ることができるので、拒絶反応を回避することができることが大きいです。iPS細胞を使って、病気の原因を解明したり、新しい薬を開発したり等、細胞移植治療などの、
再生治療に活用できると考えられています。

iPS細胞は人の皮膚細胞などに複数の遺伝子を組み込み、各種の組織のもとになる万能細胞を、つくるというやり方で作っているため、ES細胞のように、受精卵を壊して作る必要がないので、倫理的問題が少ないとして注目されています。iPS細胞から、神経、心筋、血液などの様々な組織や臓器の細胞に分化することが、報告されています。

再生医療が進んで、今まで難病で苦しんでいる人が、新しい治療法を受けることや、拒絶反応の無い臓器移植ができるとしてこれからの活用が注目されています。